バストサイズは遺伝するのか?

バストサイズは遺伝するのか?

でも、母親のバストサイズが大きくても、本人は小さいと言う方も非常に多いのは事実です。
これは、遺伝しやすい体型の問題であっても、後天的な要因で変わってしまう可能性があると言うことを表していると言えます。

 

では、どのようなことがバストサイズを決める要因となるのでしょうか?
その最も大きな要因としては、女性ホルモンの分泌量が挙げられます。

 

女性ホルモンの分泌量が与える影響とは?

 

特に身体の成長を大きく左右する思春期。
このときに女性ホルモンの分泌量が少ないと、女性らしい体型に成長することができないとされています。

 

その女性ホルモンの分泌量が少なくなる原因としては、いくつかの理由が挙げられます。

 

まず第一に、ストレスです。
多くの精神的なストレスを抱えると、ホルモンバランスを崩してしまう大きな要因となることは良く知られています。
そのため、この時期に適切にストレスを発散し、溜め込まないようにできた方ほど、女性らしい体型になっていることが多くなります。

 

2つ目には、食生活があります。
最近の研究によると、思春期やその前後によりバランスの取れた食事をしていた方ほど、バストサイズが大きいと言うことが分かっています。
特にその内容としては、鶏肉や牛乳、大豆などの、良質なたんぱく質が豊富な食材をきちんと摂取できていたかということは非常に重要な要素となっています。

 

このため、この時期に過剰な食事制限やダイエットを行ってしまうと、バストが成長しなくなる原因となってしまいます。

 

⇒続きを読む

 

ハニーココ 楽天

関連ページ

yuuさんのバストアップコラム
胸が小さいことで長年悩んでいたyuuさん。しかし、最近になってようやく、バストアップに効果がありそうな方法と出会えたそうです。
orさんのバストの悩みコラム
左右のバストサイズの差で悩んでいるというorさんによる、お悩みコラムです。